全国のインフルエンザ患者、1週間で推計28万人に

12/26 21:37
患者数は、1週間で推計28万人にのぼっている。
厚生労働省によると、12月18日までの1週間に、インフルエンザで受診した患者は、1医療機関あたり、5.02人だった。
この1週間に、全国で推計28万人の患者が受診していて、2016年9月以降の累計患者数は、推計96万人にのぼる。
また、670カ所の学校や幼稚園などで、学級閉鎖や学年閉鎖、休校などの措置がとられたという。
インフルエンザの流行は、例年、年が明けたあとも続くため、厚労省は、手洗いや、早めのワクチン接種などを呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム