東京都、VR災害体験車を全国で初めて導入へ

01/11 09:28
東京都が、VR(バーチャルリアリティー)の災害体験車を、全国で初めて導入する。
東京都の小池知事は、2017年度予算の知事査定で1億3,000万円を計上し、全国で初めてとなるバーチャルリアリティーを活用した災害体験車を導入することを発表した。
体験車には、モーションシートと呼ばれる、振動や熱、臭いなどを発生する座席を設置するほか、ゴーグルをつけて映像を流すことで、災害現場に居合わせたような感覚になれるという。
また、査定では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、捜査態勢強化など、警視庁関連部門に、22億円計上することも明らかにした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム