睡眠薬みそ汁で夫殺害 懲役10年求刑

03/01 22:49
睡眠導入剤入りのみそ汁で、夫を殺害した罪に懲役10年が求刑された。
斉藤俊子被告(64)は、2014年8月、栃木・野木町の自宅で、夫の六郎さん(当時71)に睡眠導入剤200錠を溶かしたみそ汁を飲ませ、殺害した罪に問われている。
弁護側は、斉藤被告が事件当時、心神喪失状態で責任能力がなかったと無罪を主張していたが、3月1日の論告で検察側は「致死量を大きく超える量の睡眠薬を被害者に気づかれないようにみそ汁に混入するなど計画性があり、善悪の判断もあり、責任能力はある」と指摘し、懲役10年を求刑した。
判決は、3日に言い渡される。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム