DeNA「不明確」記事で陳謝

03/14 06:24
IT大手のディー・エヌ・エーは、情報サイトに根拠の不明確な記事を載せていた問題で会見し、あらためて陳謝した。
DeNAの守安 功代表取締役社長は「当社キュレーション事業による今回の一連の問題により、ご迷惑をおかけした皆様に、深くおわび申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と述べた。
ディー・エヌ・エーが、サイトに掲載していた記事などについて調べていた第3者委員会は、医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」の記事19本のうち、10本には医療関係の法令に違反する内容が含まれているほか、運営していた10サイトの画像74万件に、複製権侵害の疑いがあるなどとした調査結果を公表した。
ディー・エヌ・エーは会見し、「提供してきたサービスが、実質的にはメディアであったにもかかわらず、メディアに求められる責任への理解が不十分で、権利関係や記事の正確性などについて、適切に運営されていなかった」などと、あらためて陳謝した。
守安社長は「『DeNAはもうけ主義だ』などと言われ、本当につらかった」と述べた。
また、管理体制を強化するため、守安社長に加え、南場会長にも代表権を持たせることを発表した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム