新たに「北朝鮮籍の男性」関与か

03/18 07:30
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察が、これまで明らかになっている容疑者らとは別に、新たに北朝鮮籍の男性の関与を調べていることがわかった。
正男氏のあとを追うように現れる、キャリーバッグを引く男性。
犯行の瞬間も少し離れた場所で、様子を確認しているように見える。
関係筋によると、男性は「チャン・ナムウン」と名乗る北朝鮮籍の30代で、事件直後にオ・ジョンギル容疑者(54)とともに出国し、カンボジア、タイ、ロシアを経由して、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)に戻ったとみられている。
マレーシア警察は、男性がオ容疑者らとともに行動し、実行犯として起訴されたインドネシア人のシティ・アイシャ被告の支援グループの一員だった可能性があるとみて調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム