LGBTの6割、いじめ被害経験

03/23 23:41
およそ6割に、いじめ被害経験があることがわかった。
日本国内のLGBT(性的少数者)およそ1万5,000人を対象に行ったアンケート調査で、6割近くの人に、小・中・高校時代、いじめ被害の経験があり、「先生がいじめの解決に役立ってくれたと思う」と回答した人は、およそ1割にとどまることがわかった。
また、不登校経験率は21.1%、自傷行為経験率は10.5%と高くなっている。
教師自らが、LGBTを否定する発言を行って、児童や生徒が傷つく事例も多く、調査を行った宝塚大学の日高庸晴教授は、「教師の認識や学校現場での取り組みが不十分。授業や日常で、ポジティブな情報の発信をしていくことが必要だ」としている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム