W杯アジア最終予選 ハリルJ、大一番で快勝

03/24 12:36
サッカーのワールドカップアジア最終予選で、日本がUAEに快勝。久保裕也選手(23)の代表初ゴールなどで、前回ホームで敗れた相手にリベンジした。
久保選手は「意外とフリーだったんで、振り抜こうかと思って、うまくいって良かったです」と話した。
UAEサポーターが、大挙駆けつけたアウェーでの一戦。
2試合連続先発出場となった、23歳の久保選手が見せた。
スルーパスに抜け出し、右足を一閃(いっせん)。
久保選手の代表初ゴールで日本が先制した。
この最終予選で、唯一黒星を喫している相手に対し、守備陣も奮闘した。
キーパーの川島永嗣選手(34)がピンチを救った。
すると後半7分、およそ2年ぶりに代表復帰した今野泰幸選手(34)がUAEを突き放す追加点。
敵地で、2 - 0と快勝した「ハリルジャパン」。
得失点差で上回るサウジアラビアに次ぐ、グループ2位を守った。
今野選手は「ファーサイドに走ったら、フリーになって、そこにピンポイントで久保選手が出してくれたんで。まあ奇跡っすね。勝ち点3を持って帰ることだけ集中したので、それが達成できて満足してます」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム