ブラジル不衛生肉 在庫販売見合わせ要請へ

03/24 13:25
ブラジルで、衛生基準を満たさない食肉などが販売されていた問題で、捜査対象になった施設から、日本に輸入された鶏肉の在庫が一定程度あることがわかり、厚生労働省は、「販売見合わせ」を要請する方針。
この問題で、厚労省は、捜査対象になった21の施設からの輸入を保留する措置をとっている。
このうち、1つの施設については、これまで鶏肉の輸入実績があるが、追跡調査の結果、この施設から輸入された分の在庫が、現在も一定程度あることがわかった。
厚労省は、24日にも販売を見合わせるよう、輸入業者や小売業者などに要請する方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム