侍ジャパン戦士たちがチームに合流

03/25 18:30
「侍ジャパン」の選手たちが、それぞれのチームに合流した。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での戦いを終え、次は、シーズン開幕へ。早速、オープン戦に出場していた。
侍ジャパンで4番を任された横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手(25)や、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手(28)がチームに合流。
プロ野球オープン戦、西武 - DeNA。
西武では、WBC組の炭谷 銀仁朗選手(29)が、早速、肩で魅せた。
ストライク送球で、盗塁を許さなかった。
さらに、WBCでは、右足の骨折を隠しながらプレーしていた秋山選手が、周囲の心配を払拭(ふっしょく)した。
右中間を破る当たりで、一気に3塁へ。
昨シーズン4位に終わったチームのため、秋山選手、炭谷選手が、休むことなく活躍を見せた。
試合は、西武が、7 - 5でDeNAに勝利した。
そして、北海道日本ハムファイターズ - 東京ヤクルトスワローズ戦。
日本ハムの中田 翔選手(27)らは、試合には出場しなかったが、試合前のセレモニーに登場。
その試合では、WBCを辞退した大谷翔平選手(22)のバットが絶好調。
25日も、2ベースヒットを放ち、打者としては、けがの影響を感じさせなかった。
試合は、日本ハムが、6 - 4でヤクルトに勝利した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム