互いに一歩も引かぬ、息詰まる熱戦

03/26 19:23
大会7日目を迎えた、春の選抜高校野球。福岡大大濠と滋賀学園の試合が、延長15回の大激戦となった。
1回戦を延長戦の末、勝ち上がった滋賀学園は、初回、福岡大大濠のエース・三浦投手を攻め立て、先制点を奪った。
すると、「キレキレ」の踊りが話題の応援団も、はやりのダンスで盛り上げた。
対する大濠は、8回表、4番・東選手のタイムリーで同点に追いつき、試合は振り出し。
そのまま延長戦へ突入すると、互いにランナーは出すものの、堅い守りの前に得点を奪えず、試合は、ついに15回の裏を迎えた。
滋賀学園は、2アウトランナー3塁、1打サヨナラのチャンス。
しかし、あと1本が出ず、試合は、1 - 1の引き分けに終わった。
196球を投げ抜いた大濠の三浦投手は、27日の再試合でも登板する予定となっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム