「てるみくらぶ」が会見 破産申請を発表

03/27 11:57
航空券の発券などをめぐって、利用者の間でトラブルになっている東京・渋谷区の旅行会社「てるみくらぶ」は、27日午前から記者会見を開き、東京地裁に破産を申請したと発表した。負債額は、およそ151億円。
山田 千賀子社長は、「多大なるご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。
てるみくらぶが主催するツアーで、利用者から「航空券が発券できない」などの苦情が相次いでいた。
てるみくらぶは会見で、資金繰りが悪化し、営業の継続が難しくなったとして、27日、東京地裁に破産申請し、破産手続き開始決定を受けたことを明らかにした。
負債額は、およそ151億円。
利用客がすでに支払ったツアー代金の返済については、日本旅行業協会などと協議したうえで、検討するとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム