マレーシア・北朝鮮、「交渉」難航か

03/28 04:50
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件をめぐるマレーシアと北朝鮮の交渉が、最終段階で難航しているもよう。
事件をきっかけに関係が悪化したマレーシアと北朝鮮は、事態打開に向けた協議を続けているが、交渉は最終段階で難航しているとみられる。
27日は、北朝鮮大使館内にかくまわれているとされている容疑者ら2人が、中国・北京に向かうという情報があったものの、現時点で出国は確認されていない。
マレーシア側は、北朝鮮から出られなくなっている大使館職員ら9人の早期の帰国を北朝鮮側に求めていて、水面下で「事実上の人質交換」が提示されているとみられている。
また、関係者によると、一度、病院から空港に移された正男氏の遺体も27日夜、再び病院に戻った。
今後、協議の中で、双方が妥協点を見い出せるかどうかは不透明で、交渉の行方が注目される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム