再稼働は? 高浜原発で高裁判断

03/28 17:49
福井県にある高浜原発3号機・4号機について、2016年3月、大津地裁は、滋賀県の住民が求めた運転の差し止めを認める仮処分を決定し、当時、稼働中だった3号機は、この司法判断を受けて、運転を停止した。これを不服とする関西電力が抗告を申し立て、28日、今度は、大阪高裁が判断を示した。再稼働を認める判断だった。
福井県の高浜原子力発電所3号機・4号機の運転差し止めを命じた2016年3月の仮処分決定について、大阪高等裁判所は、関西電力側の不服を認めて、仮処分を取り消した。
大阪高裁は、原発の新規制基準について、「合理性が認められ、福島第1原発事故の教訓をふまえている」と指摘。
そのうえで、「関西電力は、新規制基準に適合するよう対策をとっていて、高浜原発の安全性は欠如しているとはいえない」と判断した。
これにより、高浜原発3号機・4号機は、再稼働に向けて動き出す方針。 (関西テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム