狙うは金メダル レジェンド葛西が帰国

03/28 18:22
スキージャンプの葛西紀明選手(44)が、ワールドカップから帰国した。
「イエーイ! 帰ってきました!」と、ご機嫌な様子で帰国したレジェンド・葛西選手。
開幕から苦戦が続いていたが、3月に入り、2度の表彰台。
調子を取り戻してのシーズン終了となった。
葛西選手は「(不調で)不安な気持ちで戦っていた。びっくりした半面、うれしい終わり方だった」と話した。
ワールドカップの個人最終戦、フライングヒル。
葛西選手は、向かい風を受けて、ふわりと舞い上がった。
最後まで失速することなく、239メートルで着地。
3位に入り、自身の持つ最年長表彰台記録を、44歳9カ月20日に更新した。
葛西選手は「(来季は)平昌(ピョンチャン)オリンピックがあるので、いい終わり方、いいつながり方になったと思う」と話した。
来シーズンは、いよいよ平昌オリンピック。
葛西選手は目標について、「もちろんオリンピックといえば、金メダル! これしか思っていない。まだ1つも持っていない金メダル、これを目指していきたい」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム