「辻元氏は証明しないと」安倍首相が反撃

03/28 19:56
「森友学園」問題で、新たな展開。安倍首相が反撃した相手とは。
まだまだ続く、森友学園の問題。
幕引きを図りたい与党側と、1歩も引かない野党側。
議論が平行線をたどる中、28日、新たな注目の人物が。
それは、民進党の辻元清美議員。
安倍首相は、「辻元さんとも同じことが...」、「辻元議員は、辻元議員はですね」と述べた。
辻元議員といえば、これまでも、安倍首相の名前を連呼し、数々の疑惑を追及。
しかし、28日は、逆に名前を連呼される事態となった。
そもそものきっかけは、先日公開された、昭恵夫人と籠池氏の妻・諄子氏のメール。
そこには、「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ私達を怒らせようとしました」との言葉が。
諄子氏が昭恵夫人に送ったメールによると、視察に訪れた辻元議員が、森友学園が運営する塚本幼稚園に無許可で入ろうとしたという。
これに対し、民進党は28日、反論のコメントを出した。
「そのようなことは一切なく、そもそも同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していません」と、否定した。
しかし、2月21日、民進党の視察団が小学校の建設予定地などを訪れたあとに開いた会見。
辻元氏は「お昼の時間で、理事長への面会を求めていましたので、塚本幼稚園にまいりました」と述べていた。
この日、塚本幼稚園に行ったと明確に語っていた辻元氏。
さらに、「作業員を辻元清美は送り込みました」と、諄子氏のメールによると、小学校の建設予定地から出たごみなどを埋め戻したと証言をした作業員が、辻元氏の知り合いの人物だという。
民進党の野田幹事長は「根も葉もないことを根拠に、(昭恵夫人と諄子氏は)やり取りしていた」と述べた。
また民進党は、メールの内容を否定したうえで、「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう、強く求めます」としている。
誤りは報じるなと要請する民進党。
しかし、誤りだとする根拠は、どこにあるのか。
昭恵夫人の寄付金問題を否定する安倍首相は、根拠が示せない点で、辻元議員の話を引き合いに出した。

民進・斎藤嘉隆議員「籠池さんは、証人喚問の場で、100万円を受け取ったと。なぜ籠池さんの発言のみを否定されるのか、お答えいただきたい」
安倍首相「これは、御党の辻元さんも同じことが起こっている。これ一緒にするなとおっしゃいますが、そんなことはなかったと、辻元議員は真っ向から否定しているわけです。これも証明しなくてはいけないことになるわけですが」

この問題をめぐって問われる「根拠」の意味。
辻元氏はコメントを出し、「21日も、また、それ以降も、幼稚園に入っておらず、入ろうとした事実もない」と説明。
さらに、証言した作業員との関係についても、面識はなく、送り込んだなどということも一切ございませんと否定した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム