ギャンブル依存症対策で法整備も

03/28 21:18
ギャンブルなどの依存症対策の基本法を制定する方針を決めた。
自民IR制度・対策検討PTの岩屋座長は「IRの実施法の制度設計の中に、依存症対策に関するものも組み込まれてきますが、中長期にわたって、議論を積み重ねていきたい」と述べた。
自民党は28日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に関する会合を開き、ギャンブルなどの依存症対策の論点を整理し、まとめた。
その中で、ギャンブル依存症に対しての定期的な実態調査を行う点や、相談体制や医療体制の強化を明記したほか、ギャンブル依存症対策の基本法を制定する必要性を指摘した。
自民党は、議員立法で法案を策定したい意向で、今後、公明党と調整を進め、今の国会への提出を目指す考え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム