鈴木長官「現場の賢明な判断が大事」

03/28 23:38
「現場の指揮者が、さまざまな状況の中で賢明な判断をすることが大事」と述べた。
鈴木スポーツ庁長官は「『自然はなめたらいかん』と、畏敬の念を持って接するべき」、「現場の責任者や仕切り者、そういう人たちの判断が、命運を分けることになってしまう」などと話した。
スポーツ庁の鈴木長官は、フジテレビのインターネットニュース番組「ホウドウキョク」に出演し、高校生ら8人が死亡した栃木・那須町の雪崩事故をめぐり、「現場の指揮者が、さまざまな状況の中で、賢明な判断をすることが大事」との認識を示した。
文部科学省は、1964年以降、繰り返し高校生以下の冬山登山を原則禁止する通知を出している。
2016年11月にも、スポーツ庁が同様の通知を行っていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム