トランプ大統領、温暖化対策見直し令に署名

03/29 13:27
アメリカのトランプ大統領は、オバマ前政権が導入していた地球温暖化対策を見直すための大統領令に署名した。
トランプ大統領は、「国内のエネルギー分野における規制排除のための歴史的な1歩だ」と述べた。
トランプ大統領は28日、オバマ前政権が地球温暖化対策として導入していた、火力発電所からの二酸化炭素の排出規制などを見直す大統領令に署名した。
地球温暖化問題に懐疑的で、雇用を最優先するトランプ大統領が、前政権の方針を抜本的に見直したもので、温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」にも影響する可能性がある。
一方、トランプ大統領は28日、ドイツのメルケル首相と電話で会談し、7月上旬に開かれるG20(20カ国・地域首脳会議)に出席する意向を伝えた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム