自民党若手ら「こども保険」提唱

03/29 23:47
育児負担の軽減に向け、「こども保険」を提唱した。
小泉農林部会長ら、若手議員が中心の自民党の小委員会が、子育て世帯の負担軽減に向けて、「こども保険」を創設するよう提言した。
「こども保険」は、社会保険料に上乗せする形で保険料を徴収し、保育の負担軽減や幼児教育の実質的な無償化を目指すもの。
保険料の上乗せ分は、当面0.1%とし、将来的には、上乗せ分を0.5%に拡大して、およそ1.7兆円の財源を確保したいとしている。
財源は、小学校入学前の子どもに対し、児童手当を増額する形などで給付されるという。
子どもがいない世帯などからの反発が予想されることについて、小泉氏は、「若い人への支援は、社会全体の持続可能性につながる」として、理解を求めたい考え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム