昭恵夫人の喚問要求...「ブーメラン」も

03/30 00:31
「森友学園」問題をめぐり、幕引きを図りたい与党と、昭恵夫人の証人喚問をあらためて求めるなど、一歩も引かない野党。

民進・斎藤議員「総理夫人を国会にお呼びをし、籠池氏と同じく、証人喚問を行う必要があるんじゃないでしょうか」
菅官房長官「総理夫人の行為は、土地の取引とは関係なく、そもそも犯罪や違法性がある行為ではないと承知しております。したがって、総理夫人の証人喚問は必要ないと考えます」

28日、安倍首相が名前を挙げたのは、野党・民進党の辻元議員。
安倍首相は「辻元さんのところも同じことが。辻元議員は、辻元議員はですね」と述べていた。
きっかけは、籠池氏の妻・諄子氏が昭恵夫人宛てに送った、「森友学園が運営する塚本幼稚園に、辻元議員が無許可で入ろうとした」、「作業員を送り込んだ」などとするメール。
辻元議員は、「塚本幼稚園に入ろうとした事実はない。作業員と面識はなく、送り込んだこともない」と、メールの内容を否定しているが、安倍首相は、「否定するなら説明しなくてはならない」と、民進党にブーメランを投げ返した。
今、森友学園問題をめぐり、与野党双方で、バトルや亀裂が次々と巻き起こっている。
民進党の野田幹事長は「私は、松井知事のご発言は真っ向反対です。何を言ってるのかと思いますね」と述べた。
民進党の野田幹事長は27日、日本維新の会代表・松井大阪府知事の安倍首相の忖度(そんたく)に関する発言を厳しく批判。
これに対し、松井知事は、「元総理大臣野田氏は、自身の発言が如何に御自身が底の浅い薄っぺらな政治家と認めた事を理解できないのでしょうか?」と、自身のツイッターで反撃を行うなど、場外戦に発展。
一方、与党内にも思わぬ事態が起きている。
自民党の西村総裁特別補佐らが28日夜に開いた、緊急会見。
西村氏は「偽証ということが、確定してくれば、私どもとしては、告発するということも含めて、考えていきたい」と述べた。
証人喚問での籠池氏の証言について、偽証の疑いが濃厚なことが発覚したことを発表し、籠池氏への反撃に出たかに見えたが。
連立与党の公明党、大口国対委員長は「どういう立場で記者会見したのか、曖昧だ」と、自民党幹部に対し、苦言を呈した。
首相周辺も、「落ち着いてきているのに、やめてほしい」としている。
政府・与党内では、この問題を早く収束させ、重要法案めじろ押しの後半国会に臨みたい考えがある。
会見から一夜明け、火消しに追われた西村氏。
西村氏は「ご報告と、いろいろ方針を打ち合わせただけ」と述べた。
二階幹事長に対して、これまでの経緯などを説明した。
寄せては返す、永田町・森友学園問題の波。
当の籠池氏をめぐっては、大阪地検特捜部に提出されていた、いわゆる3つの契約書に関する告発状が、29日に受理された。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム