「てるみくらぶ」黒字装う粉飾決算

03/30 15:54
経営破綻した旅行会社「てるみくらぶ」が、3年前から実際は赤字だったのに、決算書上は黒字に見せかけるなど、粉飾決算を繰り返していた疑いがあることがわかった。
「破産手続き開始申立書」によると、「てるみくらぶ」の最後の決算となった2016年9月期では、決算書上は黒字となっていたが、実際は営業損失が15億円を超え、およそ75億円の債務超過に陥っていたことがわかった。
「てるみくらぶ」は、2014年9月期以降、営業損益が大幅な赤字だった可能性があるが、売上原価等の費用を少なく計上するなどして、決算書上は黒字を装っていたとみられる。
破産申請直前には、債務超過がおよそ126億円まで拡大したとみられ、3月27日の破産手続き開始決定の際の負債額は、およそ151億円にのぼった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム