「敵基地反撃能力」保有を提言

03/30 20:32
「敵基地反撃能力」の保有を提言した。
自民党の安全保障調査会などは、北朝鮮の弾道ミサイルについて、2発目以降を撃たせないための「敵基地反撃能力」の保有の検討を直ちに始めることなどを求める提言書を30日、政府に提出した。
安倍首相は、「われわれも、本日の提言をしっかりと受け止めていきたいと思うし、今後とも、党と連携していきたい」と述べた。
安倍首相は、「われわれも深刻に受け止めている」と述べ、早急に北朝鮮のミサイルへの対策を党と連携して検討していく考えを示した。
提言書には、同時に複数発射される弾道ミサイルへの迎撃能力を高めるため、「イージスアショア」や「THAAD」の導入の検討も含まれている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム