昼食は「韓国のり巻き」 朴氏の審査続く

03/30 18:30
3月10月に罷免され、失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対して、韓国の検察は、証拠隠滅のおそれがあるとして、身柄を拘束するため、逮捕状を請求した。この逮捕状を出すかどうかのソウル中央地裁の審査が、朴氏自らも出頭して、日本時間30日午後6時現在も行われている。
朴前大統領の逮捕状審査は、現在も続いていて、「長期戦」になるとみられている。
途中、2度の休憩を挟み、現地メディアによると、昼食には、韓国ののり巻き「キンパブ」とコーヒーを出前で注文したという。
朴前大統領は、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀して、サムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告から巨額の賄賂を受けた、収賄や職権乱用などの容疑で、逮捕状を請求されている。
現在のところ、朴前大統領の具体的な主張内容は入ってきていないが、審査のポイントの1つである「贈収賄」を含めて、これまでと同様、全面否認しているとみられている。

(今後の見通しについて、どういう見方が多い?)
朴前大統領が逮捕される可能性は、十分にあり得るとみられる。
朴前大統領が30日、審査に出席したのは、自らの主張をアピールした方が、少しでも有利に働くと判断したとみられるが、多数の関係者が、すでに逮捕・起訴されていることから、「朴前大統領だけが逮捕されない」というのは、厳しいのが現状。
前大統領の逮捕はあるのか否か、裁判所の判断は、30日夜から31日未明に判明するとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム