朴前大統領、検察庁舎で待機中

03/31 00:33
韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領は、逮捕されるのか。収賄などの容疑で請求された逮捕状を認めるか裁判所で行われた審査は、30日午後11時半現在も続いている。
朴前大統領は、逮捕状審査で、贈収賄などの容疑について反論する際、声を高くするなど、感情的になることもあったという。
そして、検察庁舎の10階の臨時の留置施設で結果を待っていて、朴前大統領にとっては、眠れない一日になるとみられる。
現地メディアによると、裁判所側は、朴前大統領を「被疑者」と呼び、朴前大統領の弁護人が反論する形で進められていったという。
朴前大統領は、裁判官から容疑に関する意見を求められると、潔白を訴えるなど、積極的に臨んだという。
審査の結果、逮捕状請求が認められた場合、朴前大統領は、直ちに検察に逮捕され、友人の崔順実(チェスンシル)被告らが収容されている拘置所に移送される。
裁判官は、31日未明にも逮捕状を認めるかどうかを決定する見通し。
これだけ長く時間がかかっているという理由は、大きく分けて2つ考えられる。
1つは、前大統領が、逮捕状の審査を受けるということ自体が史上初めてなうえに、13個も容疑事実があるということ。
もう1つは、検察側と弁護側で、争点が多く、対立しているため、審査が長引いたということで、それを待っているために、長い時間がかかっているということが考えられる。
また、朴前大統領の支持派は、自宅周辺であったり、裁判所の周辺でも、かなり多く見られたが、興奮している状態で、韓国メディアが襲撃されたというような話もあり、取材をする際には、少し怖いような思いをすることもあった。
一方、朴前大統領を支持していない人たちは、「即刻拘束しろ」、「ろうごくへ」へなどとシュプレヒコールを上げていたが、現在は解散している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム