ヤマトの宅配ロッカー、コンビニに設置へ

03/31 13:47
宅配業界で、再配達対策が課題となる中、セブン-イレブンの一部店舗に、ヤマト運輸の再配達先として指定できる、宅配ロッカーが設置されることがわかった。
セブン-イレブン・ジャパンは、ヤマト運輸の荷物を不在で受け取れなかった場合、再配達先となる宅配ロッカーを、4月中旬から試験的に設置する。
保管期間は3日間で、インターネットで店舗を指定し、通知された暗証番号を入力して荷物を取り出す。
都内のおよそ30店舗に順次導入し、設置店舗の拡大を検討するという。
コンビニ業界では、ファミリーマートとローソンも、都内の一部店舗で、日本郵便の宅配ロッカー設置を始めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム