12市町村 除染作業終わらず

03/31 22:06
政府は、福島第1原発事故にともない、帰還困難区域を除く地域について、31日までに除染を終えるとしていたが、12の市町村では、作業が2017年度までかかることがわかった。
31日までに除染が行われたのは、放射線量が高い帰還困難区域を除いた福島県など8つの県の100市町村で、2012年からこれまでに、およそ2兆8,000億円かけて、延べ3,000万人の作業員が携わった。
政府の目標では、31日までに作業を終えるとしていたが、100市町村のうち、福島市など12の市町村では、人が住んでいるため、農地の除染ができる期間が限られるなどの理由で作業が遅れ、2017年度までかかるとしている。
政府の除染作業は、いったん区切りを迎えるが、これまでの除染で出た土壌の処分や、帰還困難区域の除染など、復興に向けて多くの課題が残されている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム