2月完全失業率 22年ぶり低水準

03/31 22:37
2月の完全失業率は、前の月に比べて0.2ポイント改善し、およそ22年ぶりの低い水準となった。
総務省の発表によると、2月の全国の完全失業率は2.8%で、前の月に比べて、0.2ポイント改善した。
全国の完全失業率が2%台になったのは、22年2カ月ぶり。
2月の就業者数は6,427万人で、前の年の同じ月に比べて51万人増え、50カ月連続の増加となった一方、完全失業者数は188万人で、25万人減り、81カ月連続で減少した。
塩崎厚労相は「完全雇用状態であることが確認された」としたうえで、「経済成長率は、まだ2%を達成できておらず、潜在成長率をどう上げていくのか、しっかりと考えていかなければならない」との認識を示した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム