籠池夫妻 爆弾発言映像を独自入手

04/01 00:38
渦中の森友学園が運営する塚本幼稚園に3月31日、大阪府が調査に入った。
FNNでは、今から2週間ほど前に行われた、その塚本幼稚園の卒園式の映像を入手した。
驚くべき発言のオンパレードとなっている。
16日の卒園式で、籠池泰典理事長は、「私は今から『籠池砲』を出します。宇宙戦艦ヤマトの、あの砲塔よりも大きいですよ。吹っ飛んでしまいますから」と話していた。
また、籠池諄子副園長は「内閣が切り捨てないで、助けてくださったらええんじゃないですか。『自分(安倍首相)もブタ箱に入れ』と言いたいです」と話していた。
「籠池砲」に「ブタ箱」。
幼稚園の卒園式としては思えない、籠池夫妻の過激な発言。
これは、FNNが独自に入手した、森友学園が運営する塚本幼稚園の卒園式の映像。
16日の卒園式で、籠池泰典理事長は、「たぶん、わたしはあと何日かたつと、『あいつはこうだった』と言われると思います。何がなんとしてでも引きずり倒したいと思っているから」と話していた。
16日の卒園式で、自らの将来を暗示するかのような発言をしていた籠池理事長。
その後も、保護者や園児を前に、夫婦で爆弾発言を繰り出した。
16日の卒園式で、籠池泰典理事長は、「安倍昭恵夫人を中心に、名誉校長として、この小学校建設の事業を進めていってたことは確か。安倍先生の方から、もう籠池先生だけには申し訳ないということで、100万円をいただきました」と話していた。
この発言が飛び出したのは、小学校の視察に訪れた議員たちに、「安倍首相から寄付金を受け取った」と告白する、わずか数時間前。
また、妻の諄子氏からは、取り沙汰されている補助金の不正受給について、「国からの裏切り、たび重なる裏切りに、何をしたんでしょうか、園長は。補助金の、いわゆる『鉛筆なめなめ』で、少しでもちょっと多めにいただきたいと思って、鉛筆をなめなめしたのかもしれませんが。だけど、首相の給料の半分にもならんじゃないですか」などという発言があった。
諄子氏は、「鉛筆なめなめ」という表現で、金額をごまかしたことを示唆していた。
そして、2週間がたった3月31日、補助金の受給をめぐって、森友学園が関連する幼稚園と保育園に、大阪府と大阪市が立ち入り調査を行った。
大阪市によると、保育園の立ち入り調査で、籠池氏は栄養士の配置で補助金の不正があったことを認め、補助金を返還する意向を示したという。
大阪市保育企画課・宮 臣司課長代理は「2年分で、252万円の返還になりますよということを確認しましたら、それも認めると、そういうことでございました」と話した。 (関西テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム