小学生の列に車 88歳男性不起訴

04/01 02:56
神奈川・横浜市で2016年10月、集団登校中の小学生の列に車が突っ込み、当時小学1年生の田代 優君(当時6)が死亡した事故で、車を運転していた88歳の男性を、横浜地検は不起訴処分にした。
横浜地検は、男性を認知症に認定したうえで、東京都内などを迷走し、疲労困憊(こんぱい)の中、冷静な判断能力を失い、運転を中止すべき注意義務能力が欠けていたことなどから、過失を認定することができず、嫌疑不十分の不起訴処分にしたという。
田代君の父親は「人生の全てを一瞬にして奪い去られ、その運転手の罪を問うことができないという判断は、到底納得のできるものではありません。同じような痛ましい事故が二度と起きないよう切に願っております」とコメントしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム