4月1日から新年度 家計への影響は?

04/01 12:11
新年度を迎え、家計に関わるさまざまな変化が起きている。
日清オイリオグループは、円安や原料高を受けて、家庭用の食用油などを1kgあたり20円以上値上げした。
また、電力大手10社は、原油やLNG(液化天然ガス)の価格が上昇したため、月額料金を78〜169円引き上げる。
老後の暮らしを支える年金をめぐっては、現役世代が支払う国民年金保険料が、月額1万6,490円と、230円引き上げられる一方、2016年に物価が下がった影響で、支給額は0.1%引き下げられ、3年ぶりの減少となる。
一方で、都市ガスの小売全面自由化がスタートする。
関西、中部、九州などの大手電力会社を中心に12社が参入し、ガス会社を各家庭で自由に選べるようになるとともに、電力販売とのセット割などで、料金で安くなることが期待される。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム