貿易赤字削減へ 大統領令に署名

04/01 12:25
アメリカのトランプ大統領は3月31日、中国や日本との貿易赤字の削減に向け、商務省などに調査を指示する大統領令に署名した。
トランプ大統領は「わたしの政権下では、アメリカの繁栄が奪われることは終わる。産業を守り、アメリカの労働者のための平等な場をつくるだろう」と述べた。
トランプ大統領が署名した大統領令は、アメリカが貿易赤字を抱える中国や日本などに対し、貿易の不均衡や為替政策など、貿易赤字の原因に関する調査を商務省と通商代表部に指示するもの。
「貿易赤字削減」というトランプ大統領の公約を実現に移すものだが、日本に対しても厳しい要求をしてくる可能性がある。
また、来週、フロリダ州で行われる、中国の習近平国家主席との首脳会談を控え、中国側をけん制する狙いもある。
会談をふまえ、トランプ大統領は、「アメリカの企業や雇用はひどかった。時間をかけることなく、これを立て直していく」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム