メガバンク、住宅ローン金利を引き上げ

04/01 14:09
メガバンクが金利を引き上げる。
三菱東京UFJ銀行は、4月の10年固定型住宅ローン金利を、最も優遇された場合で、年0.55%から1.05%に、三井住友銀行も年0.8%から1.05%に引き上げる。
2016年2月に、日銀がマイナス金利政策を導入して以来、1年2カ月ぶりの高水準。
みずほ銀行も、年0.85%から0.9%に引き上げる。
指標になる長期金利の上昇傾向を反映したほか、ローンの申し込みが増える年度末に金利を抑えていたことも、今回の押し上げ要因になった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム