東京 お花見スポットの桜は?

04/02 18:48
桜が満開になった東京では、2日は天気が回復して、お花見日和でした。
東京下町のお花見スポットを取材しました。

2日、満開発表となった東京。
これから、お花見シーズン到来となるが、3月21日の開花宣言から、寒の戻りが多くなり、1,000本の桜で彩られている隅田公園は、5分咲きといったところとなっている。
午後5時半をすぎ、少し冷えてきて、帰る人も増えてきたが、それでもまだ盛り上がっている。
隅田公園では、およそ1kmにわたって、桜並木が続いている。
そして、目を移すと、東京スカイツリーが見える。
この桜とスカイツリーの景色を楽しむことができるのは、このシーズンだけ。
日中の景色も素晴らしいが、夜の景色も素晴らしい。
この近くに、隠れた桜の名所、夜桜のスポットがある。

心地よい夜風にあたりながら、人力車に乗ってやってきたのは、隠れた桜の名所・山谷堀公園。
人力車で訪れた山谷堀公園は、浅草寺の北エリア、通称・奥浅草といわれる地域にある。
ソメイヨシノやオオシマザクラの桜のトンネルの先には、スカイツリーが見える。
あまり知られていない、このエリアの魅力を伝えようと、2017年初めて、桜のライトアップが実施された。
花見客は、「ちょっと、穴場ですよね」、「ロケーションばっちり。スカイツリーも見えて」などと話していた。
さらに、人力車に乗って、無料で記念写真が撮れるスポットも登場した。
このライトアップと記念撮影は今後、毎年、花見シーズンに実施される予定で、新たな花見スポットとして、人気を集めるとみられる。

山谷堀公園のライトアップや記念撮影のサービスは、2日午後10時までとなっているが、隅田公園のライトアップは、4月9日まで、毎日午後10時まで行われている。
これからが、お花見シーズン本番。
台東区によると、1週間ほどが見頃のピークだという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム