一時帰国の駐韓大使、あす帰任へ

04/03 16:16
岸田外相は、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことなどを受けて一時帰国していた長嶺駐韓大使を、4日に韓国に帰任させる考えを表明した。
岸田外相は、「一時帰国させていた長嶺駐韓大使・森本在釜山総領事を、あす4日、帰任させることにした」と述べた。
さらに、岸田外相は、この時期に2人を帰任させる理由について、「朴前大統領の罷免、逮捕が生じ、政権移行期にある中で、緊密に連携を図る必要がある」などと説明した。
また、慰安婦問題について、岸田外相は「解決に至るような回答は得られていない」と前置きしたうえで、「長嶺大使が、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行と会って、直接合意の順守を強く働きかける必要があると判断した」と語った。
ただ、2人の会談の日程について、岸田外相は「調整中」と述べるにとどめている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム