味の素、働き方改革で午後5時消灯も

04/03 17:59
働き方改革の一環として、食品大手の味の素が、4月から本社の消灯時間を水曜日は原則午後5時にすることがわかった。
味の素は、4月から就業開始時刻をこれまでより30分早め、午前8時15分にする一方、終了の時刻を午後4時半と、50分早め、1日の所定労働時間を20分短い、7時間15分にする。
東京の本社は、原則として、消灯時間を午後8時から午後7時に変更し、早帰りデーとしている毎週水曜日は、午後5時とする。
一方、ヤフーは4月から、育児や介護などをしている従業員を対象に、週休3日制度を導入する。
小学生以下の子どもがいるか、家族の介護や看護が必要な従業員が対象で、月単位で申請ができるということで、働き方改革に向け、環境づくりを進める企業が相次いでいる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム