ロシア地下鉄で爆発 9人死亡、約20人けが

04/03 23:57
ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で爆発が起き、9人が死亡し、およそ20人がけがをした。
ひしゃげるように損傷したドアに、手すりのようなものが折れ曲がり、混乱する車内。
その地下鉄車両の手前に写る女性のジャケットは、大きく破けていた。
日本時間3日午後8時半ごろ、ロシア北西部にある、モスクワに次ぐ第2の都市・サンクトペテルブルクの地下鉄で爆発が起きた。
爆発直後とみられる駅構内には、まだ多くの市民が残る中、煙が充満していた。
1枚の写真には、爆発があったとみられる車両の手前で、複数の男女が倒れ、男性が四つんばいになって逃げる様子も見られる。
駅から出た現場では、次々に頭や体から血を流した負傷者が搬送されていた。
インタファクス通信社は、別の路線でも不発の爆発物が見つかったと報じている。
ロシア当局は、これまでに9人が死亡し、およそ20人がけがをしたと報じている。
なぜ、このタイミングで、この場所で爆発が起きたのか。
実は時を同じくして、プーチン大統領がロシア各地のメディアとの対話イベントのため、このサンクトペテルブルクを訪問中で、ベラルーシのルカシェンコ大統領との会談が行われる直前だった。
テロか事故なのか、原因はわかっていないが、この爆発との因果関係はあるのか。
現地にある日本総領事館は、今のところ日本人の被害の情報は入っていないとしている。
プーチン大統領は、テロの可能性も含めて捜査すると表明している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム