世界選手権2位 宇野昌磨が帰国

04/04 12:58
フィギュアスケートの世界選手権で2位に輝いた宇野昌磨選手(19)が4日午前、帰国し、喜びの胸の内を語った。
世界2位の勲章を胸に帰国した、宇野選手の第一声。
宇野選手は「今大会、すごく自分でも満足いく演技ができたうえに、こんなにたくさんの方々に、おめでとうと言われて、すごくうれしく思います」と話した。
2度目の世界選手権で、これ以上ない演技を見せ、手にした銀メダル。
しかし、宇野選手にとって、これがゴールではない。
まだまだ、さらなる成長を目指す。
宇野選手は「今は、これがベストという演技をしたうえで、羽生結弦選手には全然かなわなかった。(羽生選手が)SPで失敗したこと込みでも勝てなかったというところに関して、まだまだ、実力不足だなと考えているので、高いレベルの中で2位になれたということは、すごくうれしく思うんですけれど、まだ上があるという考えが、自分の中ではあるので、もっと上を目指して取り組んでいきたいなと思っています。(今一番何をしたいですか?)スケートです!」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム