都議会で百条委 前川区長を証人喚問

04/04 19:33
豊洲市場の問題を調査する東京都議会の百条委員会で、元知事本局長の前川燿男(あきお)練馬区長ら3人の証人喚問が行われ、東京ガスとの移転交渉の経緯が追及された。

自民党・島崎義司都議「平成17(2005)年、東京ガスへの再就職の経緯と担当業務について教えてください」
前川元知事本局長「東京都の局長級の再就職については、本人が決められるわけではない。知事の前で、知事と副知事全員と総務局長、人事部長、人事課長がそろって決めた。私の再就職を決めたのは、石原元知事本人です。東京ガスから頼まれたこともありませんし、実際に東京ガスを代表して、都と交渉するということは一切ありません」

元知事本局長の前川燿男練馬区長は、豊洲移転の交渉について、「当時いたのは、総合調整を行う知事本局で、決定権はなかった。特段の引き継ぎもなかった」と述べたほか、当時の都庁内での意思決定については、「浜渦副知事が、石原知事の分身として権力を握っていた」と語り、浜渦氏の承諾なく事業を進めることが困難であったという認識を示した。
石原元知事は、「(前川氏の証人喚問だが?)知りません。(話したいことは?)ありません。(前川氏らの証人喚問について?)関心ありません」と語った。
証人喚問は、午後6時50分現在も続いていて、一連の交渉に関わった赤星元政策報道室理事、野村元部長の質疑が行われている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム