囚人服&番号で...朴氏逮捕後初の取り調べ

04/04 20:30
前大統領をめぐる疑惑は、どこまで解明されるのか。韓国では、4日から、朴槿恵(パク・クネ)容疑者(65)の取り調べがスタート。朴容疑者側の要望で、取り調べは拘置所内で行われた。
拘置所の周辺には、朴容疑者を支持する人たちが集まり、「われわれは必ず勝ちます」と声を上げた。
収賄などの容疑で逮捕され、ソウル拘置所に収監中の朴槿恵容疑者。
初めての取り調べが始まったのは、午前10時ごろ。
取り調べは通常、検察庁舎で行われるが、朴容疑者の弁護人は、移動の際の警備態勢に難色を示し、拘置所内での取り調べを希望したため、検察側がこれを受け入れた。
韓国メディアによると、拘置所内には、取調室がないため、机や椅子などを置いた部屋が特別に用意されたという。
取り調べは、検事らと机を挟んで向かい合う形で行われ、朴容疑者の隣には、弁護人が同席。
朴容疑者は、女性の未決囚が着る薄緑色の囚人服姿で、左胸には「503」と書かれた黄色い札。
これは、朴容疑者の拘置所内の番号を表している。
また、朴容疑者と同じ拘置所に収監されている、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告(60)との間で、何らかの方法で口裏合わせなどが行われる懸念があることから、崔被告を別の拘置所に移すことも、検討されているという。
現地メディアでは、独居房における朴容疑者の様子も、連日伝えられている。
逮捕された、3月31日。
朴容疑者は、独居房に入る際に涙を流して立ち尽くし、それを見かねた拘置所の刑務官が、中に入るよう説得したという。
1日の始まりは、午前6時30分の点呼。
ほかの収容者と同様、朴容疑者も、自分で毛布の片づけや掃除を行った後、午前7時に朝食。
その後、午前11時半に昼食、午後5時に夕食をとる。
一部の現地メディアは、朴容疑者が食事をほとんどとらず、多くを残していると伝えている。
家族や知り合いとは1日1回、10分程度会うことができるが、髪の手入れが許されているのは、月に1回のみ。
朴容疑者に対する取り調べは、今後も数回続き、検察側は、大統領選の選挙運動が始まる4月17日までの起訴を目指す方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム