ロシア地下鉄爆発 死者14人、負傷者60人超

04/04 22:42
ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクの地下鉄車内で起きた爆発事件で、死者は14人になった。事件から一夜が明け、現場を含む地下鉄の運行が再開した。
爆発があった列車が出発した「センナヤ広場」駅は、4日早朝、通常通りの時間に駅入り口の扉を開き、乗客も利用を再開した。
被害を受けた多くの乗客が運び出された隣駅のホームも、普段の姿を取り戻したように見える。
しかし、死者の数は14人に増え、負傷者の数も60人以上にのぼっている。
今回の爆発事件の実行犯について、中央アジア・キルギスの治安当局は、キルギス南部出身で、現在はロシア国籍を持つ20代前半の男の可能性があると明らかにした。
キルギスは近年、過激派組織「イスラム国」の浸透が懸念されている国だが、これまでに犯行声明などは出ていない。
ロシア当局は、慎重に実行犯の特定などを進めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム