「北」攻撃を想定 韓国陸海軍合同訓練

04/05 00:28
韓国軍が、北朝鮮による攻撃を想定した訓練を公開した。
訓練は、韓国東部の江原道(カンウォンド)で海軍と陸軍が参加し、北朝鮮が日本海上で武力挑発し、攻撃してきたという想定で行われた。
訓練では、2015年に実戦配備された新型の多連装砲「チョンム」が、ロケット弾360発を発射して、目標を破壊する様子が初めて公開された。
今回の訓練は、北朝鮮による核ミサイル実験が近いとの見方が強まる中、実施され、韓国軍は「どのような挑発があっても、拠点を焦土化できる最強の戦闘準備態勢を整えている」としている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム