「出ていけ!」 復興相が記者会見で激怒

04/05 01:29
「何が無責任だと言うんだよ! 撤回しなさい! しなさい! 出ていきなさい!!」と、どなり声を上げ、怒り心頭の今村雅弘復興相。
閣議後の記者会見で、一体何があったのか。
今村復興相は「復興をやり遂げるという強い意志を持って、引き続き、復興を加速していきたい」と話した。
新年度の抱負から始まった、4日の会見。
怒りの発端は、フリージャーナリストが、原発事故を受けて自主避難している住民への国の責任について、質問したことだった。
フリージャーナリストが「路頭に迷う家族も出てくると思うのですが、それに対しては、どのように責任を取るつもりでしょうか?」と質問すると、今村復興相は「これは、国がどうだこうだというよりも、基本的には、ご本人が判断されることなんですよ。福島県民の一番親元である福島県が中心になって、寄り添ってやっていくことがいいだろうと。その人たちの事情もわからない人たちが、国の役人がやったってしょうがないでしょう」と話した。
今村復興相が、国の立場を説明すると。
フリージャーナリストが「なぜ帰れないのかとかの実情を、大臣自身がご存じないからではないか。それを人のせいにするのは、僕は...」と話すと、「人のせいになんかしてないじゃないですか! 誰がそんなことしたのですか!」と、次第に怒りといらだちを見せ始める今村復興相。
そしてついに、フリージャーナリストが「責任持った回答をしてください」と話すと、今村復興相は「責任持ってやっているじゃないですか。なんて君は無礼なこと言うんだ! ここは公式の場なんだよ!? (そうです)だから、何が無責任だというんだよ。撤回しなさい! (撤回しません)しなさい! 出て行きなさい! もう二度と来ないでください、あなたは! (これは、ちゃんと記述に残してください)どうぞ! こんなね、人をね、誹謗(ひぼう)中傷するようなことは許さんよ。(避難者を困らせているのはあなたです)うるさい! (路頭に迷わせないでください)」と話した。
この激怒会見に、菅官房長官は「どんなやり取りがあったかわからない。『適切に対応してほしい』ということを申し上げた」と述べた。
そして、今村復興相は夕方、「ちょっと、感情的になってしまいました。あらためて、おわびを申し上げ、今後はこういうことがないように、冷静適切に対応していきたいと思っております」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム