6年ぶりに地元で入学式 福島・南相馬市

04/06 12:37
2016年、福島第1原発事故の避難指示が解除された福島・南相馬市で、4つの小学校が地元での入学式を迎えた。
合同で入学式を行ったのは、南相馬市小高区の4つの小学校。
福島第1原発から20km圏内にある4つの小学校は、2016年度までは避難先の仮設校舎で学んでいた。
2016年7月に南相馬市の大部分の避難指示が解除されたことを受けて、6年ぶりとなる地元での学校再開となる。
新入学児童は4人で、全員が震災の前の年に生まれた。 (福島テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム