逮捕の62歳女「つなぎ融資の女王」

04/07 01:18
出資法違反の疑いで国際手配されていた、62歳の日本人の女が、タイで逮捕された。
肩もあらわな純白のブラウスにショートパンツと、62歳とは思えない、いでたちの女。
出資法違反の疑いで熊本県警が国際手配し、潜伏先のタイで逮捕された、山辺節子容疑者(62)。
タイで3月30日、警察官に「パスポート見せてください」と声をかけられ、山辺容疑者は「パスポートはイサーン(タイ北東部)の家に」と答えていた。
4月5日、タイ警察は、会見で「山辺容疑者は『つなぎ融資の女王』です」と語った。
山辺容疑者は、元本を保証し、25%の利息を払うとうたって、大企業へのつなぎ融資を持ちかけ、6,800万円を違法に出資させた疑いが持たれている。
不法に集めた金は、実に7億円以上とみられていて、その一部は、交際相手の30代のタイ人男性に家を購入する資金に充てられたとみられている。
男性の家は、非常に広い敷地の中に建てられていた。
のどかな風景が広がる中、ひときわ目立つ、別荘ふうの建物。
インテリアにもこだわりが感じられる。
不法に集めた金は、この家の購入資金に充てられたのか。
交際相手のタイ人男性(30代)は、「彼女は年齢を38歳か39歳だと言っていた。わたしは彼女(山辺容疑者)を『エリコ』と呼んでいた。彼女は、わたしを助けてくれた。わたしはホストクラブを辞めたので、家の毎月の経費として、ある月は2万バーツ(約6万円)、たまに3万バーツ(約9万円)をくれました」と話した。
30歳も年下のタイ人男性に、毎月金を渡していたという山辺容疑者。
その素顔を、ふるさとの熊本・益城町で取材した。
1年前の震災の爪痕が残る山あいに建つ、山辺容疑者の自宅は、「1億円の家」と呼ばれる豪邸。
地元では、高級外車を乗り回すなど、有名な存在だったという。
山辺容疑者を知る人は、「もとから派手だった。車は、前はジャガー乗ってた」と話した。
山辺容疑者は、20歳で結婚し、2人の子どもをもうけたあとに、離婚。
昔から男性関係が派手だったとの証言も。
山辺容疑者を知る人は、「うまいこと次から次へと、違った人(男性)が来てる」と話した。
タイでの潜伏生活と、年下の交際相手。
不法に集めた金で、何をしようとしていたのだろうか。
山辺容疑者は、「わたしも被害者です」と、容疑を否認しているという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム