都議選めぐり、民進・都連幹事長が辞表

04/07 04:53
7月の東京都議会議員選挙をめぐり、民進党の都連幹事長を務める長島昭久元防衛副大臣が辞表を提出したことが、FNNの取材でわかった。
関係者によると、長島氏は、都議会議員選挙で、民進党の公認を予定していた、昭島市議である元秘書が離党届を提出したことについて責任を取るとして、6日までに松原都連会長に辞表を提出した。
民進党では、現職の都議らが相次いで離党届を提出し、小池都知事を支持する地域政党「都民ファーストの会」からの立候補を目指す動きが出ている。
「離党ドミノ」への警戒感が広がる中での都連幹事長の辞職は、党内にさらに波紋を広げるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム