焦点は北朝鮮問題 初日は友好アピール

04/07 06:15
アメリカのトランプ大統領と、中国の習近平国家主席による初めての米中首脳会談が、まもなく始まる。
トランプ大統領は、会談の直前にも「2大テーマは北朝鮮と貿易だ」と述べ、中国側に対応を求める姿勢を強めている。
日本時間7日午前4時ごろ、メラニア夫人とともにフロリダ入りしたトランプ大統領は、「われわれは、中国から不公平な扱いを受け、何年もひどい貿易協定を結んできた」と述べ、早速、中国をけん制した。
一方の習主席は、これより1時間ほど前、彭麗媛夫人をともなって現地入りした。
滞在先周辺では、到着を歓迎する人たちや、抗議デモを行う多くの在米中国人らが集まっていて、厳重な警備が敷かれている。
2大国の対等な協力関係を演出したい中国だが、トランプ大統領から、さらに役割を果たすよう求められるのは必至で、中国側は、警戒感をもって会談に臨んでいる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム