両陛下、スペイン国王夫妻と静岡へ

04/07 17:56
天皇皇后両陛下は7日、国賓として来日していたスペインの国王夫妻を、静岡市に案内された。
両陛下は、スペイン国王のフェリペ6世夫妻とともに、午前10時半前、新幹線で東京駅を出発し、静岡駅前では雨の中、大勢の市民らの歓迎に笑顔で手を振られた。
昼すぎには、およそ400年前の江戸時代に、当時のスペイン国王フェリペ3世から徳川家康に贈られた洋時計を視察し、国王は「日本とスペインの友好のシンボルとして、大切なものだと思います」と感想を述べた。
その後、戦国時代から伝わる「稚児舞」も鑑賞し、宮内庁によると、陛下が「今回の訪日が、よい思い出として残ることを希望します」と伝えられると、国王は、「必ず再び訪日して、晴れた日の富士山を見たいと思います」と応じたという。
両陛下は、帰国の途に就く国王夫妻を笑顔で見送られた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム