内村航平、プロ初戦はほろ苦

04/08 02:00
体操の全日本個人総合選手権・男子予選。
この試合が、プロデビュー戦となる内村航平選手(28)は、最初の種目、得意の平行棒で、出だしの技からバランスを崩すなど、普段はあり得ないという、まさかのミス。
技の美しさが、より厳しくジャッジされる新ルールにより、大きく出遅れた。
それでも鉄棒や跳馬など、きれいな着地を次々と決め、立て直した内村選手は、予選を4位タイで通過した。
内村選手は「(平行棒のミスについて)今はもう、ほとんど開き直っている感じです。(あさっての決勝に向けて)まずは気持ちを切らさずに、きょうはゆっくり休みたいと思っています」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム