松山英樹、メジャー制覇へ反撃開始

04/08 18:48
ゴルフのメジャー大会マスターズに挑む、松山英樹選手(25)。メジャー制覇の悲願へ、第2ラウンド、猛チャージを見せた。
初日、4オーバーの54位と、予選通過すら危ぶまれた松山選手。
この日もショットが安定せず、7番では、連日のダブルボギー。
池田勇太選手(31)、谷原秀人選手(38)が予選通過を逃す中、世界ランク4位の意地を見せたい松山選手は、なんとか粘ってチャンスを待った。
その気持ちが実ったのが、最終18番。
グリーン奥から、下り坂を利用したスーパーアプローチ。
松山選手は、2つスコアを伸ばし、16位に浮上。
11打あった首位との差は、6打に縮まった。
松山選手は「アイアンショット自体がよくなってきている。ティーショットが安定すれば、いいスコアで回れる」と話した。
国内の女子ゴルフでは、鈴木 愛選手(22)が、素晴らしいショットを披露した。
17番のセカンド。
カップまで、およそ1メートルにつけた。
これを確実に沈め、8日、3つ目のバーディー。
トータル6アンダーで、4位タイにつけている。
そして、圧巻だったのは原 江里菜選手(29)。
4番から6連続バーディーを奪うなど、8つスコアを伸ばし、トータル7アンダーで2位タイに浮上した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム