ウズベキスタン出身の男が実行犯か

04/09 02:00
スウェーデンでトラックが通行人に突っ込んだ事件で、捜査当局は拘束した男について、ウズベキスタン出身で実行犯とみられると発表した。
捜査当局は8日、拘束した男1人について、ウズベキスタン出身の39歳で、実行犯とみられるほか、以前、情報当局の捜査対象だったと発表した。
また、トラックから、爆発物のようなものを押収したという。
こうした中、事件当時、現場近くのカフェにいた日本人は、FNNの取材に、「衝撃を受けた」と話した。
現場近くにいた日本人は「情報が錯綜(さくそう)していて、トラックが突っ込んだという、いくつかの情報があって、パニックになっていましたね。何も持たずに、パスポートも持たずに走って逃げるというのは、すごく衝撃的でした」と話した。
今回の事件では、これまでに4人が死亡、15人が負傷している。
地元メディアは、別の男1人も拘束されたと報じていて、捜査当局は、共犯や動機などを調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム